自分が何をすればいいのか、何から手をつければいいのか、こんな生き方でいいのか、何が正解なのか、自分の描いている理想は自分にとって正しいのか、本当に自分がこれを望んでいるのか、

 

いろんなレベルの、いろんな疑問を毎瞬感じて生きているけど、

根っこのレベルの判断基準は、

 

「より生きている感じがするかどうか」

 

その行動をすることで、より自分が生きている感じ、を得られそうかどうか。

 

「活き活きしている」というのは、はその中の要素のひとつ。

他にも、「楽しい」「悲しい」「興奮する」など、いろんな要素があるだろう。

 

それらすべてをひっくるめて、より自分が生きている感じ、を得られるかどうか。

 

★常に、自分が生きている感じ を得られるかどうか、を意識して、すべての選択を行う。

★そして、即行動、即行動、即行動。行動することそれ自体が、生きている感じを生み出していく。