思考のコツ{親フォルダ思考}

•物事を大きく捉える。

•例えばワゴンR→車→機械のようなピラミッドの階層。

•階層が上に行く程に大きな捉え方となる。

•PCのフォルダ階層のようなもの。

•フォルダ階層の親を見つけて行く。

•自分が悩んでいる時イライラしている時。

•階層を大きくしていくと概念に辿りつく。

•概念で宇宙で物質で銀河で銀河系で太陽系で地球。

•概念で宇宙で銀河で星で地球でも良い。

•自分の悩みやイライラがどれ程小さいことか。

•想像上で地球を遠くから眺める。

•自分の住む国を見つける。{日本など}

•自分の住んでいる地域はどこか?探す

•見つかりましたか?

•誰がどこで動いてますか?

•あなたはどこですか?

•あなたの日常はどこでどの範囲で繰り広げられてますか?

•あなたの日常はどんなに小さいことか。

•常識なども少々どうでも良くなって来ませんか?

•では下文を想像して見て下さい。

•あなたがラジコンをスマホで操作します。

•スマホにはラジコンのカメラ映像が映っています。

•そのラジコンはとても高性能で宇宙に行くことが出来るラジコンです。

•ラジコンを操作してあなたのラジコンは宇宙空間にいます。

•あなたのスマホには現在リアル宇宙の映像がリアルタイムで映っています。

•スマホの画面には地球が映し出されています。

•もはや人間が何処にいるか、人間の存在があるかどうかすら確かめられません。大都市すら見えません。

•以上です想像を中止して下さい。

•もしもこのラジコンのようなことが可能であったらどう思いますか?

•国の決まりなど全て破ってラジコンを飛ばしているような気がしませんか?

•日常の常識を遥かに越えた行動だと思いませんか?

•もしもこのようなラジコンがあった場合、あなたは宇宙までこのラジコンを飛ばす勇気はありますか?

•物事は大きな視点で捉えましょう。

•物事の親フォルダを見ると言うこと。

•親フォルダを想像すること。

•これを習慣にし、自動化させること。

•自動化すれば意識せずとも簡単に親フォルダ要素を忘れない思考が出来ます。

•皆さんもぜひ“親フォルダ思考“をやってみて下さい。